ハイドロキノンの主な副作用

ハイドロキノンはシミの漂白剤やシミの消しゴムなんて言われているぐらい強力なシミ消し美白成分。強力な美白成分であるのですが、残念ながら副作用もあります。

 

 

主な副作用として、
・赤み
・かゆみ
・腫れ
・白斑
・しわ
・湿疹
・肌荒れ

 

 

これらの症状をハイドロキノンを使用したがために引き起こされることもあるので注意が必要です。ただ、ハイドロキノンの副作用の報告はどの症例も5%以上の濃度の濃いハイドロキノンを使用したことによる副作用です。

 

皮膚科などで処方される濃度の高い場合でも、安全性を考慮した上で医師の処方によるものなので安全なのですが、より濃度の高いハイドロキノンを求めて濃度の高いものを個人輸入で手に入れる場合はかなり危険ですので注意が必要です。ちなみに、市販の化粧品に含まれているハイドロキノンは、高くても5%。通常は2%前後の美白化粧品が多く、市販の化粧品を使用して重大な副作用(白斑)があったとの報告はありません。

 

ですが、5%近くの濃度の高い化粧品は重大な副作用がなくても、その刺激の強さに肌荒れを引き起こす可能性があるので市販の化粧品で選ぶとしたら、2%〜3%の濃度のものを選ぶと肌への刺激が起こりにくいので安全です。

 

副作用の心配なハイドロキノン。選び方次第では安全でシミに効くハイドロキノンへ。

ハイドロキノンは、赤み、腫れ、かぶれ、白斑などの副作用があらわれることがあります。ただし、この副作用や刺激があらわれるのは、高濃度の成分を選んだ場合がほとんど。上手に選ぶことで、ハイドロキノン本来のシミへの効果を生かし安全に使用することが可能なのです。

 

 

濃度の高さで選んではダメ!!
ハイドロキノン化粧品の安全な選び方

 

・ハイドロキノン濃度3%以下のものを選ぶ
・信頼のおけるドクターズコスメであること
・お試しやトライアルセットで試すことができる
・安定しているハイドロキノンを選ぶ(成分が壊れやすいと効果が出ない上に、副作用の心配も高まります)

 

 

上記を満たしているおすすめハイドロキノン
・アンプルール
安定型ハイドロキノンを使用した美白化粧品。妊婦も授乳中でも使用できる安全性の高いハイドロキノンはアンプルールだけ!
>>アンプルールの詳細はこちら

 

 

・ビーグレン
濃度1.9%と低いので副作用の心配も必要のないほど刺激の少ない化粧品。ですが、国際特許のQusomeという技術によって1.9%のハイドロキノンの効果は4%と同等の力を持たせることに成功しています。
>>ビーグレンの詳細はこちら

 

 

ハイドロキノンの妊婦への影響や副作用

ハイドロキノンは、市販の化粧品であれば上記に記載しているように、3%以下のものであれば重大な副作用がでることはまずありません。ですが、妊娠中の妊婦となると、通常の時よりもホルモンバランスが乱れているので肌が敏感になっています。

 

妊娠中にも使えるハイドロキノンはアンプルールの美白化粧品が使用することはできます。開発者の高瀬聡子先生も自身の妊娠中も使用していましたし、実は私も使用していました。

 

もちろん使用していたハイドロキノン化粧品はアンプルール。
アンプルールはハイドロキノンを安定化させているので、刺激や副作用のでにくい処方をしています。

 

ハイドロキノンの副作用が心配なら|こうやって選ぶハイドロキノン化粧品

 

妊娠してから鼻の頭にもやっとしたシミができ始めて、こめかみや頬のシミが濃くなりだしたので、アンプルールのシミ集中ケア用の美容液を使っていました。そのおかげか、完全に消えることはなかったですが濃くなることもなく、一回りいや、二回りは小さく薄くなりました。

 

 

ハイドロキノンの制限を設けている国も。

そんな効果の高いハイドロキノンですが、アメリカやヨーロッパでは使用が制限されています。アメリカでは市販で購入できるのは2%以下まで。4%以上になると医師の処方が必要です。

 

ヨーロッパの一部の国においては、動物実験で発がん性がみられるとの疑いが高く使用を禁止しています。

 

また、妊娠中に使用すると「奇形児』が生まれる可能性が高い。と一時期噂になりましたが、これはハイドロキノンではなく、皮膚科などでハイドロキノンと一緒に処方されることの多いトレチノインのことです。

 

トレチノインはハイドロキノンとセットで処方されることが多いので、妊娠の可能性が高い場合は、きちんと医師に伝えましょう。個人輸入でもトレチノインは手に入れることができるので、これも気を付けておきましょう。

 


妊婦や授乳中にシミケアをするなら医薬品を!

妊婦や授乳中のママがハイドロキノンを安全に使用するためには、アンプルールの美白化粧品がおすすめです。トライアルセットでお試しもあるのでまずは刺激がないか、肌に合うか試すといいです。>>アンプルールお試しセットのページはこちら

 

ですが、正直なところ国によっては使用を禁止されていたりとその見解が様々です。少しでも不安を覚えるのであれば、妊娠中に使用するのはやめたほうが良いかな?と思います。

 

 

ハイドロキノンはシミの色を消すことが可能な美白成分ですが、使用するにはリスクもあるので妊娠中のシミケアには飲み薬の方がおすすめです。テレビCMやテレビショッピングなどでシミに効く飲み薬見たことないですか?

 

キミエホワイトなんか有名ですよね?キミエホワイトやシミだけでなくシワにも効果のあるロスミンローヤル、ハイチオールCやチョコラBBなど妊娠中に使用しても良いとの注意書きがあるのであれば、それらの医薬品の方がおすすめです。

 

ちなみにわたしが愛用しているシミに効く飲み薬は、ミルセリンホワイト

 

京都薬品ヘルスケアの美白薬でキミエホワイトやロスミンローヤル、ハイチオールCホワイティア、チョコラBBルーセントなどに比べると、ビタミンCアスコルビン酸の含有量が高いんです。
>>含有量が高いシミに効く飲み薬:ミルセリンホワイトはこちら

 

ハイドロキノンの副作用が心配なら|こうやって選ぶハイドロキノン化粧品

 

それに、価格がとってもリーズナブルで長く飲み続けたいと思っている人には嬉しい価格の2000円ちょっとで購入できます。たいてい1か月分3000円から高いものだと4、5000円もしますが京都薬品のシミに効く飲み薬は低価格なので助かってますw
もちろん、妊娠中も授乳中も服用OK。

 

ハイドロキノンの副作用が心配なら|こうやって選ぶハイドロキノン化粧品

 

妊娠中や授乳中の栄養補助にもなります。

 

妊娠中にできるシミは顔だけではありませんよね?私は腕にも出来ていましたが、シミにいい飲み薬であれば顔のシミだけに効くわけでなく、全身に効くのでおすすめなんです。

ハイドロキノン化粧品選びのまとめ

・市販の化粧品で安全なハイドロキノンは
⇒アンプルール
⇒ビーグレン

 

・妊娠中にどうしてもハイドロキノンを使いたいなら ⇒アンプルール

 

・顔のシミだけでなく、全身のシミケアするなら ⇒ミルセリンホワイト
妊娠中や授乳中の栄養補助にもなります。

更新履歴